2020.10.23

外回りの営業から念願の営業事務へ

数字を追うマインドになれない

「あなたと契約したいんだけど、支払い出来なくなりそうでね」

新卒で入社して2年目。
企業や事業主様に求人誌の広告掲載枠を販売する新規開拓営業をしてきました。
色々な企業のお客様と話すのは楽しく打ち解けていく内に徐々に大きな契約も取れるようになり、手応えや達成感も出てきた頃に言われた言葉でした。

広告の打ち合わせで客先を訪問し、要望やお悩みを聞いていく中で
営業成績の為に契約は取りたいけど、それは本当にお客様の望んでいる事なのだろうか?と自問する日々が続きました。
同期や他の営業マンとの競争する会社の姿勢にも正直馴染めませんでした。

「営業じゃない仕事がしたいかも…」

営業から営業への転職を勧められる

とりあえず様子見の感覚で数社エージェントに登録しました。

でも、面談をしたエージェントからもオファーメールも
営業経験があるからと営業職の求人ばかり提案されていました。

「営業がもうやりたくないと思ってるのに…」

そんな中、インスタの広告でセカキャリさんを見つけました。

自分が受けたい求人を紹介してくれた

初めてのビデオ面談で緊張しましたが、お母さんと話している感覚でした。

「営業から離れて、営業ではない求人を見てみませんか?」
やっと、営業やらなくてもいいんだと思えました。

営業で人と話すのは好きだから、次の仕事でも活かせないかな?
でも本当はあまり表に出るのは得意じゃない。営業や接客よりコツコツ裏方をやりたい。
新人の時から分からない事を教えてくれたり、見積書や契約書作成を手伝ってくれた事務の先輩が居て
私もそんなサポートする側に行きたいなぁ…とか。

私がしたい事をちゃんと聞いてくれたのがセカキャリさんでした。

不安を先回りして取り除いてくれました

他エージェントで作成した職務経歴書は実績をそのまま記載していました。
1位でもないし達成率もそこそこ…パッとしない成績だなって自分でも思っていたので書類選考すらなかなか通らなかったです。

セカキャリさんでの職務経歴書の添削は、営業成績じゃない私の出来る事を引き出してくれる内容でちょっと自分に自信が持てました。
書類選考が通ったと同時に面接対策の提案をしてくれて、
職務経歴書ってこんな感じなのかな、面接ってどんな事からすれば良かったかな、自分からなかなか言い出せない事や不安を先回りして解決してくれました。

営業事務の仕事に内定

5-6社程度受けた中で、最終的にIT企業の営業事務職に内定を頂きました。

面接の練習を一緒にやってもらった事で、改めて志望する気持ちを自分自身も再確認でき本番に臨む事ができました。
実際の面接では、思ったより緊張せず話せて練習の効果が出せたかなと思えました。

事務経験が少ないですが営業の仕事を理解してる事を先方に理解して貰え、「元営業だからこそ」と営業事務の仕事に内定を貰えました。
セカキャリさんのサポートで、自分のペースで進んでいいんだと思える転職活動だったと思います。

まずはLINEで気軽に相談♪

友だち追加
  • 相談は無料♪
  • 真剣にこれからのキャリアを考えている人ならどなたでもOK
  • 専任のキャリアアドバイザーが丁寧にお悩みや希望に対応します